いつもお世話になっております。笠原です。
“みなぽん”の供給過多で危うく心臓が止まりそうになりました。写真を撮ってくれた人、グッジョブ。

さて今日は何の日でしょうか?
そう、忘れてはいけません、今日は我らが中野友理ちゃん(ガガえもん)のお誕生日です。忘れていた人は、手帳に書き込んでおくようにしましょう。
彼女と仲良くなりたい人は、彼女の大好きなトマト(ミニトマトではなく)をプレゼントしてあげるといいと思います。
ところで彼女は無事にトマト会を開催できたのでしょうか。たしかメンバーが彼女含め2名しかいなかった気がするのですが…まあそれはまた後ほど本人から聞くことにしましょう。
そんなわたしはさっき、運良くゆりちゃんとすれ違うことができたので、彼女の背中に向かって「おめでとう」を言うことができました。当日に本人に言うことができてよかったです。

さて、最近は現役復帰したと行っても過言ではないくらい艇庫に行っています。いつもわたしの相手をしてくれて本当にありがとうございます。
そんなわたしから一年女子ローヤーの紹介をしようと思います。

ざき
女子ローヤーのお姉さん的存在。
よくえつをたしなめているが2人はとっても仲良し。
笑顔でたくさん話しかけてくれる。
絵が上手で、よく部員の絵を描いてくれる。
練習熱心で最近は乗艇後に腕立てを頑張っている。

えつ
コロコロとよく笑う明るさを持っている。
子犬みたいなつぶらな目をしている。
お兄ちゃんと仲良し。
体幹中によく叫んでいる。
苦手だというエルゴにも手を抜かずに取り組んでいる。

いよ
マネージャーからローヤーになってくれた。
見た目は自他共に認めるゆるふわ系だが、中身は相当おもしろい。
たまに破壊力のある一言を放つのが個人的にツボ。
船の上でバランスをとるのが上手い。
最近はフェザーのフィンガーターンを頑張って練習している。

3人はとっても仲良しで、見てるとホッとするし癒されます。
後輩同士が仲良いことほど、上回生として嬉しいことはないですね〜
でも仲良しごっこで終わらず、みんなで切磋琢磨していってほしいと思います!

さて、女子部の今後の編成を考えていくについて、思ったことがあります。
それは、思い込みは良くないということです。
「ずっとこうしてきたから」といってこれまでのやり方や考え方にこだわるのはやめよう、と今年卒業された先輩もおっしゃっていたなと思い出しました。
今年3人入部してくれたとは言え、これまでや他大学に比べたらやはり岡大の女子部は少ないです。変化する状況に合わせて、女子部のあり方も変えていかねばならないと思います。
次期チーフとなるちぇりーには考えることが沢山あって大変だと思います。
悔しい思いをすることがあっても、根本にはいつも勝ちたいという気持ちがあって、そこがすごいところだしわたしが尊敬しているところです。
貢献、と言ったらおこがましいですが、女子部のためになることを少しでもお手伝いさせてもらえたら嬉しいです。
もちろん皆さんからもアドバイスなどいただけたら本当に嬉しいです。よろしくお願いします。

話があっちこっちいってすみません。
読んでくださりありがとうございました。

僕の最初で最後の関西選手権は決勝6着で終わりました。


正直、今大会はずっと緊張していて、ずっーーとしかめっ面だったんじゃないかな〜て思います。ずっと気を張っていたように思います。

もしかしたら、キツい言葉をかけてしまった方がいるかもしれません。もし、しんどいこと言われたわ〜って方がいらっしゃったら、本当に申し訳ないです。


今大会で感じたことが4つほどあるので、今からそれについて書きたいと思います。


1,たかひろは優秀すぎる。

今大会の予選、準決で、試合中彼はずっと何かしらの指示をバウから出していました。正直、試合中に何かを言うほどの余裕は僕にはありませんでした。また、試合直前のスタート位置につく時もクルーの緊張を解くような言葉掛けをしていました。あぁほんまにボートに関してはたかひろに頭が上がらんな〜っておもいます。正直、今の六花は完璧と言えるほどのバランスを持ってないです、それでも試合中崩れることがなかったのはたかひろがバウでバランスを取ってくれていたからなのだなーって思います。

ただ、宿で大声で奇声を上げたり、大声で平井堅の歌を独唱したりするのはやめてください。恥ずかしい。


2,高岡のコールが良い!!!

今まで、僕が出場した試合は全て高岡がコックスの艇です。今大会は今まで大会のこーるとは全く異なっていました。コールには覇気があって、距離や相手と何艇身差なのか、ドライブや脚蹴り、スパートを入れるタイミング、ほんまによかったです。レースが終わったあとは疲れて動けんくなるけど、試合中は疲れが気にならんくなるようなほんまに試合に100パーセント集中できるコールでした。高岡のコールがあったから、決勝まで勝ち上がれたんかなって思います。ありがとう。決勝では僕らの力不足で他大学に追い付けませんでした。ほんまに申し訳ないです。


3,マディソンが作るリズムは良き!

現在の六花の整長はマデイソンです。彼は本当にボートにたいしてストイックです。エルゴも乗艇技術もウェイトもほんまに熱心にしとるな〜って思います。今回の試合では彼の作るリズムはとても漕ぎやすかったです。レートは高すぎず低すぎず、しかも最初から最後までほぼ一定で、ほんまにすごいな〜って思います。さすが次期チーフ!!!

あ、そういえば次期チーフにお願いがあります。僕は加古川まで現役で漕ぐつもりでいるので、次の編成に組み込んでくれると、僕はとても嬉しいです😊


4,森岡家は美形。

今回、初めてもりりんの家族に会いました。みんな美男美女で、あーなるほどって感じでした。

あーあと、もりりんには夕食で『優太朗さんご飯三杯目食べないんですか?』と煽られました笑

なかなか憎めない男ですね

そんな彼も人一倍ボートに対する努力は惜しみません。今日も練習が終わったあとエルゴをひいていました。もりりんが練習の時に声を出すとクール全体の勢いが増します。彼は本当に凄い男です。


5,六花のクルーTサイコー

ほんまにめちゃめちゃかっこいいクルーTでした。よきです。


この関西選手権は六花のクルーをより好きになった三日間でした。決勝はほんまに悔しかったです。インカレでは見返してやりましょう。


この大会を終えて僕のなかで目標が出来ました。

この六花のメンバーでインカレの最終日の景色を見たい!

いや、絶対見る!!!

インカレまで残り2か月頑張りましょう。


ブログで言うなよ、直接言えよとかブログ書きすぎやろとか、ブログ長すぎやろとか色々意見はあるかも知れませんがご了承ください。


最後に、今大会応援に来てくださった先輩やOBの皆さんありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。


ついでに、今大会のお気に入りの写真を張っておきます。

関西選手権お疲れ様でした。

 

去年、この大会にとかさんとダブルで出させてもらいました。

今年はシングルで出させてもらいました。

 

 

去年、周りは上回生ばかりで全艇に抜かされて、審判艇にも抜かされて

ボートを始めて3,4か月の初心者だったけどめちゃくちゃ悔しかったことを覚えています。

そして同期が浜寺エイトで勝って、ガッツポーズして、メダルをもらっているのを見てもっと悔しくなったのも覚えています。

 

 

でも今年の関選でも順位は何一つ変わっていません。

今年も悔しかったことしか覚えていません。

 

早くこの負け犬の遠吠えみたいなブログから脱出したいです。いや、します。

 

 

女子シングルスカルBetelgeuse

10代と20代の狭間の遠征を感じれた、

2回生の米元です!


関西選手権終えて思ったのは成長したなぁって思っています。関選が2回目だったからというのもあるんですけどね。去年の自分は、先輩マネみたいにクルーマネの仕事をこなしながら、いつものビデオ、次に何をやったらいいかかなど、こんなにいろいろできなかったです。先輩マネさんすごっ!ここまでできないと思っていました。今年の関選はビデオ、クルーの補助等をいろいろできたかなと思っています。(←自分が思うなりになんで、実際にはどう見えていたのかわからないですけどね。)

1回生はわからないことがあっていいと思います。どうやるかは上回生に聞いたり、教えてもらったりしてもらえれば、次以降につなげてもらえれば成長していけるはずです。最初はみんなわからないことばかりなんで。


今年は晴波のクルーマネにつけて、補助ができたかなと思います。晴波は敗者復活で負けてしまって悔しいんですけどね。いい経験にはなったので、よしとしましょう!


その日がちょうど誕生日だったので、みんなに祝えてもらいました!1回生マネからメッセージ入りの色紙、そして誕生日プレゼントをもらいました。メッセージを涙目になりながら読ませていただきました。メッセージに感動しましたよ!ありがとう!疲れなんて取れちゃう!頑張れちゃう!やっぱり、後輩たちはかわいいです!


去年の関選後は岡大に自転車を置いていなかったので、バスで岡山駅に行こうとしてバスがなく歩いて岡山駅に行って、電車が遅れて、さらに降りる駅で荷物が邪魔で降り過ごして、帰るのが日を超えそうだったのを覚えています。さすがにその時はしんどかったです。これは慣れてなかったので、疲れがぞっときたのかなと思っています。でも今年はそれほど疲れがたまらなかったので、慣れってすごいですよね!慣れていくことが大事だと思いました!


今回はここで終えておきます。

関選・浜寺お疲れさまでした

サービスエリアはまだかまだかと首を長くしている2回生高岡です

毎度の事ながら長めですごめんなさい


僕の2回目の関選が終わりました

1年前の関選では、決勝2着というかっこいい先輩方の船を洗おうとしてリガーに頭をぶつけ流血しそのまま病院送り→実家帰り→艇洗い不参加になってしまったのを思い出します

あれから1年、僕は少しぐらいは成長出来たのでしょうか、心配ですね


レース終わってこんなことをブログで書くのはおかしいかもしれませんが、

試合始まる前、僕は少しだけ心のどこかで「決勝に残れないかもしれない」と思っていました

なんなら「準決行けるのだろうか」とも思っていました


最近の練習では、

僕自身が練習に集中出来ていないこともあったし、他のクルーや同期から「お前らのクルー雰囲気あんま良くないよな?」と言われたり(というか雰囲気悪くしてた元凶は僕なんですが)いろいろあって、

また朝日みたいに苦しい結果に終わってしまうのかなと考えてしまったり

対校艇というプレッシャーにまだすごく怯えている自分がいて、

個人的にすごくしんどい時期でした

(先輩方に言わせてみればそんなことどうってことないことなんだと思います、、、汗)


決勝レース6艇中6着という結果に終わった今、

‐,討燭蕕垢瓦嬉しいこと

勝てると、練習してよかったなとか、また頑張ろうとか思える

ほんとに嬉しい

coxの視界に他のクルーがいない気持ちよさと言ったらもう、、、

負けるとすごくすごく悔しいこと

圧倒的な力の差、技術の差を見せつけられるとめちゃくちゃ悔しい

もっと頑張ろう、頑張らなくちゃと思える

レーン侵害を受けるぐらい艇身差あけられたのはほんとに悔しい

くっそぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

coxだけは絶対に諦めないこと

coxが諦めたら終わり、まじで終わり

後半粘って耐えて最後に刺すとか絶対無理

レース何があるか最後までわからん

耐えれてない人に「耐えろ!」なんて大声で言われても耐えられるわけないじゃん

い泙世泙世任る

インカレまであと2ヶ月。できることはたくさんあるし、できるようにならないといけないことはまだ山積み。もっと上手くなれる速くなれる

がんばろう

セ故はダメ、絶対

大会期間中に事故するなんて(しかも2件も)ダメ、ほんとにダメ

修理したらいいとかそういう問題じゃない

すみません


などいろんなことを感じます


あ、サービスエリア着いた!

たこ焼き美味しい

たい焼き美味しい

肉まん美味しい

コーヒー美味しい

焼きそばいい匂い

唐揚げ食いたかった

γ鎖絏淑美味しい

も追加で


本題に戻ります

朝日後にブログを書いた時「またダメだった以外の感情をもてた大会になった」と書きましたが、今回もいろいろ得られるものがありました

良かったことも、悪かったことも


ちぇりーもクルー報告で言ってましたが、今回いろいろ考えたこと思ったこと悩んだこと苦しんだこと嬉しかったことの全部を次のインカレに繋げます

繋げないと意味がない、頑張ります


特にレースでは六花のクルーにすごく助けられたのですが(決勝まで連れて行ってくれてほんとにありがとう   初めて大きめの大会で決勝レースに出ることが出来ました)、

この2ヶ月は同期や大尊敬の先輩方にたくさん助けていただきました

1回生や同期から「真顔が怖い」と言われ始めているのですが、僕は顔色で気持ちがすぐ伝わってしまって、きしょいぐらい拓也兄ちゃんとベタベタしてハイな時もあったかと思えば近寄れんぐらいの負のオーラをまとっている時もたくさんありまして、、、

そんな時にいつも隣で話を聞いてくれていた同期や「最近どう?」って声をかけてくださる先輩方にはほんとに頭があがりません

ありがとうございました


ごめんなさい、今日1日は弾けさせてください

お腹がすき過ぎて僕はフードファイターかと錯覚してしまうほどです(´¬`)ジュル


また明日からインカレで決勝に残れるように少しずつ「進化」していきます

六花のクルーのみんな、3レースお疲れさまでした

また明日から頑張りましょう(仮メニュー出しますね!)

クルーマネのももさんとひかりも、かっこいいクルーTありがとうございました(毎日着たい、いや着る!)

補助に入ってくれたバックメン含めOB・OGのみなさん、2日間たくさんの声援をありがとうございました


インカレまでに「進化」します

あの先輩みたいになれるように

かっこいいあの先輩みたいになれるように

頑張ります


P.S.

インカレでは大東さんはじめ、たくさんの人に僕らの写真撮ってもらえるようになるんだい!

こんにちは!!

私たちは、浜寺杯に出場している、

新人フォアです。

メンバーは

S関さん(2)

3中村厚(1)

2中村祐(1)

B武澤(1)

C山岸さん(4)

クルーマネージャーの

古賀(1)

小松(1)

の6人です^_^


私たちは、ほとんどのメンバーが

一回生の新人チームであり、

このメンバーでの大会出場は

初めてではありましたが

全力を尽くして頑張りました。


結果としては、残念なもの

となってしまいましたが、


レース開始までの流れ、

海水でのローイング、

スタートからダッシュ、

コンスタントへの移行

大会本番の雰囲気


など、普段の練習からは、

学ぶことのできないものを

たくさん学ぶことができたと思います。


また、他大学などの上手な漕ぎ

を見て、フィニッシュやハンズアウェイ

をどうやっているのかなどを

参考にすることができました。


これらの、大会で得られたことを

普段の練習にも生かしていきたいです。


そして、次の大会では、結果を残せるように頑張っていきます!!


また、私たちへの、沢山の応援ありがとうございました(^^)


テントの位置が一番疲れてくる所の辺りであったため、とても力になりました。


まだまだ、改善できることは

いくらでもあると思うので、

一つ一つ改善して行き、


インカレに出ても、恥ずかしくないような

上手な漕ぎが出来るように

日々の練習を頑張って行きます!!































Hello,everyone. Kaiserです。私たちは現在 浜寺杯のために大阪に行っています。出来る限りのことをしていきたいので応援お願いいたします。新人エイトにのってから2ヶ月が経ちました。まだまだ至らない点もありますが、今まで学んでいったことを活かして頑張りたいです。

  kaiserであいうえお作文で意気込みを言いたいと思います。

 K 可能な限り速く漕ぐ

 a  暴れまわるかのような速さで

 i  いつものごとく

 s  雑念を消して

 e  永遠に続くかのように

 r  六花に負けぬように

    漕いでいきたいと思います。


これで終わりたいと思います。 


岡山大学男子舵手なしペアの燈波です。


イカれたクルーメンバーを紹介します。

S野村

B戸田

M佐々木


の以上3名です。


おちゃらけているようで意外と繊細な整調野村と、堅実なようで意外と天然なバウ戸田と、クルーTの出来が売り物にできるレベルのデザインなのに生地をミスっちゃう佐々木の、【意外性】たっぷりのクルーで関選に望みます( 'ω')/ 


目標としましては、メダルを獲得することです。出場する全9クルーの中でも、よりいい成績を残せるよう、明日からがんばっていきます!!


応援よろしくお願いします。

誰が書いたか当ててみてね。



こんにちは!六花(仮)です。

何故、(仮)なのかと言うと、六花のリガー修理のため、今大会は桃太郎02で試合にでるからです。

この場を借りて一言だけ言わせてもらいます。

早く六花にのりたーーーーい!!!

はぁ〜少しスッキリしました。

あ、でもこんなことを言っては桃太郎02に怒られますね笑

桃太郎もいい艇やで


それはそうと、皆さん、最近ふと思ったのですが、クルーボートってなんだかオーケストラぽくないですか?

だから、今回のクルー紹介はオーケストラの楽器に例えて紹介したいと思います。


S大野

バイオリン

3森岡

トランペット

2難波

トロンボーン

B須藤

コントラバス


Cox高岡 指揮者


クルーマネ

後藤 フルート

中山 パーカッション


オーケストラの楽器と同じようにクルーボートにはそれぞれ役割があります。

Sはバイオリンで、オーケストラのリーダー的存在です。六花という艇の漕ぎ全てが任されていると言っても過言ではありません。

2,3は金管楽器です。オーケストラを盛り上げる役割です。2,3でしっかり出力を上げて艇速につなげます。

Bはコントラバスです。コントラバスは縁の下の力持ちといわれるように、このクルーの土台であり、支えとなっています。

Cox は指揮者です。Coxはクルー全体の統率をとり、クルーを勝利へと導きます。

クルーマネは僕たちの応援やサポートをしてくれています。度々伴チャしてくれとるよな〜ありがとう〜〜

マネージャーさんの応援があるから、僕らは頑張らんとあかん、絶対に勝つ!!という気持ちになります。


楽器に関してはイメージなのでこれはちがうやろぉぉぉ!っていうのがあればコメントにでも書いてください


オーケストラ弾けば弾くほど、合わせれば合わせるほど、素敵な音を奏でることができます。例え、一人一人の実力がものすごく高いとしても、バラバラに演奏していては、ちっとも素敵な音を奏でることはできません。

クルーボートも同じです。それぞれの能力が高くても、バラバラな漕ぎをすれば、艇速は全く上がりません。必ずしも1+1=2ではありません。

しかし、7人の力を上手く噛み合わせれば、

1+1+1+1+1+1+1=7ではなく、100にも200にもなります。クルーボートって難しいですね。


六花は現状、普段通り漕いだら勝てると断言できるほどの実力はまだないです。だから、いつも通りではなく、死ぬ気で、死力を尽くしてこの関西選手権に挑みます。応援よろしくお願いします。

おいっす、男子舵手なしペア晴波だ

クルー紹介をするぜ

B岩嵜 毅

S安田皆人

クルーマネ 米元 由基


Sはレースでまっすぐ進められるか心配だ。練習では頑張って集中しているがちょっと気を抜いたらすぐ蛇行しやがるからな。俺が航路をしっかり修正してやるからラダーをうまく切るんだぞ。ラダーを切って船をまっすぐ進めて、船を漕いでさらにレートを管理しつつ、距離、水中、レートのコールをするのは大変だよな。俺が舵手を乗せられないばっかりに迷惑かけちゃってるぜ。まぁ乗せてやってるだけありがたいと思ってくれ。

Bも漕ぎながらの後方確認とSへのラダーワーク指示は大変だよな。高レートは特に難しいのにこのクルーになってから事故なしだったのは感心だぜ。まぁボラアタックは数えられないほど食らったけどな笑。その度にお前がキレてたのはちょっと面白かったぜ。

この2ヶ月お前たちは頑張ってきたと思っている。練習も自分たちで考えて話し合って悩んでたと思う。その努力を実らせるかどうかはお前たち次第だ。俺はお前たちからのプレッシャーで前に進むからしっかりついてこいよ。一緒に頑張るぞ!

俺たちの応援よろしくお願いします!


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM