どうもこんばんは。夜中にすみません、

絶賛同期ロス中!新5回生の大下です。

あまりにもみんなのことが恋しいので、先日卒業した同期のみんなを入部順に紹介していきたいと思います。誰のことかわかるかな?


 入部No.1

そっけない態度をとったりするけど、実は

ツンデレなだけなんだからね!!

ぎょうざのことが気になりすぎて、

うっかり大切なギターを放り投げちゃいます


 入部No.2

おいしそうに、幸せそうにご飯を食べる

めっちゃ懐かしい、出会ったのはアメフト部新勧

デートするなら焼肉かなぁ〜

とてもたくましくなった我らがチーフマネ


 入部No.3 

ウルトラハッピーなプリキュア

みえない所でも人一倍努力をしています

ん?間違えて友達に海苔貸しちゃった!

なにを言ってもなにをしても面白い最強


 入部No.4 

がくねん会がしたい時はお任せあれ!

どんどん飲んで

ウキウキになって

きまえ良く歌っちゃおうかなぁ♪


 入部No.5 (今年は卒業しません)

でかい笑い声と

ほんのり()黒い肌

んー、

とにかく笑い声がでかい


 入部No.6 

ニコッてされたらかわいすぎて気絶する

よく隣でエルゴ引いてくれたから頑張れた

かっこいい!芯がしっかりしてるところ

たのしかった、一緒に乗ったダブル


 入部No.7

まえに誕生日プレゼントでもらった

タオル、すごくお気に入り!

えごころがあって、歌もダンスもうまい

がっこうでも会わんなあ、元気かなあ


 入部No.8

おっとりふんわりだけじゃなくぶっ飛んでる

でもそこが最高だし好き!!!

あさひレガッタではお世話になりました

いつかまた岐阜におじゃまします!


 入部No.9

まじめでおちゃめでスットコドッコイ

しょう学校の先生になるよ

ウザ絡みしても受けとめてくれます

さいきん知ったイグアナが好きだということ


 入部No.10

いつも誠実で、練習休んでるの見たことない

こう輩想いの優しい先輩

うんてんは交通ルールを守って安全に🚗

でーれー可愛い、たまに見せる笑顔


 入部No.11

たまにクレイジー、たまに真面目

のむと饒舌になります

しかたないなあ!ホッチキスを見せてあげよう

いそがしいけど、山登りに行きたいぜ


 入部No.12

おおらか。錦織圭選手のモノマネもできる。

もうほんと幸せになってくれ!!!

いつもニコニコ

でもたまに無の表情になってた


 入部No.13

いっそう頼もしくなった、我らがリーダー

パーマがよく似合うな〜

いんたいしてからもストイックに鍛えてます

あつしと仲良し⭐⭐


 入部No.14

りかい不能な数学の問題もスラスラ解けちゃう!

がくねん会()企画役で、

とても明るい性格で、

うちとけるのもあっという間!


 入部No.15

ダンスも歌もネタも何だってします!!!

イケメンで面白かった(過去形)

すぐ泣いちゃうけど、いつか立派な

キャリアウーマンになってみせます!


かなり雑な紹介になってしまいました。わはは


みんな言っていましたが、私はこのメンバーが同期で本当に良かったです。このメンバーなら、自分の先輩や後輩だったとしても嬉しいだろうけど、やっぱり同期で良かった。

入部してすぐの学年ミーティングで、まつとんが「俺らは退部者ゼロの学年にしよう」って言ってくれました。それを叶えることはできなかったけど、最後まで部活をやり遂げた人も、途中で退部した人も、みんなのことを尊敬してるし、誇りに思っています。


こんなに素敵な人たちと、こんなに濃い時間を共有できることはなかなかありません。私の大学生活を最高に楽しく、充実したものにしてくれたのは同期のみんなです。


みんなに出会えて良かった。ありがとう!


私はこれから教育実習やら教員採用試験やら盛りだくさんなので、勉強がんばります。

またコロナウイルスが落ち着いたらみんなで集まれるので、とりあえず落ち着いてほしいです。


それではあと一年よろしくお願いします!


コロナに振り回されている3月を皆さんはどうお過ごしでしょうか。部活も活動自粛とあって色々と大変だと思いますが、後悔ないように頑張っていただければと思います。



そうですね、2個下が3回生になるんかーと思うと早いなーて思ます。ちょうど僕らの代のラストシーズンの時に入部した代が今ラストシーズン(人によってはまだかな)を迎えようとしていると思うとねぇ、そんなに時間経ったんやーて思います。光陰矢の如し。でも、あやのんが作ってくれたPV見てるといろいろあったなーと、色々ありすぎて、パッと思い出せないみたいな、思い出すにも体力を使う、同じ場所で同じ時間を過ごしたけど人によっては微妙に解釈が異なる、でも良かったと思えるそんな2年半(現役)ですね。ありがとうございました。



この春からは国立大学理系院生(博士前期課程)という肩書を得て残りの2年を岡山で過ごすわけですがどうなるでしょう。楽しみですね。



ではでは、皆さんお元気で。



4回生 矢木








4年間ありがとうございました。

色紙やお手紙すごく嬉しかったです。

ボート部に入ってよかった、やりきってよかった。

こう思うことができるのも、関わってくださったすべての方々のおかげです。

 

先輩方がいなければ、私はボートと出会うことはありませんでした。

たくさん指導していただいたり、相談に乗っていただいたり、時にはわいわいしたり。

凄くかっこよくて優しくて、後輩として一緒に活動することができてよかったです。

 

後輩の皆さんも、一緒に練習に取り組んだり、相談してくれたり、ありがとうございました。

教えたり、アドバイスをする中で、いろいろな考え方を知ることができたり、刺激を受けることができました。

後輩のみんながわいわいしてるのを見るのも楽しかったし、そこに混ぜてもらうのもすごく楽しかったです。

 

そして同期のみんな。

大大大好きです。

一緒にいてとにかく楽しいのはもちろんのこと、ボートへの向き合い方、勉強への取り組み方、生活面など、様々な点で一人一人に尊敬すべきところがあって、本当に素晴らしい同期でした。4年間一緒にやってこれてよかったです。

これからも定期的に集まりたいな。

 

 

朝は早いし、艇庫は遠いし、練習はしんどいし、うまくいかないことが多いし、、、

大変なこともたくさんありましたが、皆さんの支えがあったおかげで、ボート部の生活を続けることができました。

艇庫を、行きたいと思える場所にしてくれてありがとうございました。

ボートと出会えて、そしてボート部の皆さんと出会えてよかったです。

本当にありがとうございました。

 

 

 

4回生 中野友理


とうとう最後のブログを書く日がやってきました〜!



昨日は研究室で卒業パーティーでした!仲良くしてくれた研究室の同期たちと写真を撮ったりして、お互い頑張ろうね〜などと言ってさよならしてきました。さみしいですねえ〜。いよいよ全部終わったんだなあと実感します。




しみじみとした気分で、最後のブログ、なんか良いこと書こうと思ってメモに下書きとかしてたんですけど、やっぱいいや〜ってなったので書きませ〜ん!ちょっとめんどくさくなってしまった〜!笑

なのでもう終わりま〜す!(艇友誌は真面目に書いたので許して下さいませ)




皆様たいへんお世話になりました!

今までいただいた手紙や色紙、手作りのメダルとかアルバム、全部宝物です!ありがとうございます!

私は一応岡山に住んでいるので、いつでもご飯誘ってくださいね〜!



ボート部入ってよかった!




岡山大学漕艇部マネージャー 臼杵みなみ

こんにちはお久しぶりです。

何かと帰省中にブログ更新しがちなさふぁりです。寂しくなるからですかね。

 

帰省すると寄生しがちになり、ついつい堕落した生活をしてしまうんですが、今回はそうはいかないぞと意気込んで帰ってきました。

 

 

まずは、食生活。

食事チェックノートを再開させてもらい、さーさんからは期待を受けているので、実家で花嫁修業でもしようかと思います。

 

ひとまず、昨日は田中家流オムライスを身につけました。このスキルを完成(ジエンド)させました。(実家に帰り、めだかボックスを読み漁っています)誰か食べてください。

 

 

あとは、eat moreしないことです。

 

それよりrun moreします。

 

ご飯美味しいし、冷蔵庫開ければなんでもあるし、あちこち探れば食べ物が出てくる実家ですが、ちゃんと、自分で規制して、食べすぎることないように頑張ります。

 

あと、ちまちま走ってると思うんですが、やっぱりエルゴすごいなと。あんなに、やってて痩せれるのが実感出来るものはないですね。あと、叫べるのも大きいですね。エルゴしてると、だいたい後半にかけて、うおぉぉとかああ゛ぁと声を出してしまいますが、公道を走ってる時はそうはいきません。奇声を発して走っては、ヤバいやつになっちゃいます。今は、あの叫べることも大事だったんだなあと感じながら走っています。

 

とはいえ、地元で走ることにも良いことはありました。それは、坂道の多さです。岡山で走ると、全部平地で走りやすいことこの上ないですが、京都は(というか自分の地元は特に)山が近いこともあって、走るコースがほとんど坂道です。めちゃ、しんどいです。ふくらはぎが泣いてます。下半身パンパンにして帰ってきます。

 

 

そんな感じで、今回の帰省は、気勢をあげて挑んでいます。期成したことは、きちんと最後まで貫こうと思います。



只今、故郷へと帰りました。
いやあ暑い、暑すぎる、、


夜でも20℃こえてますね。
今の沖縄は半袖で十分です。



部員の皆さんはどうお過ごしですか?
突然あいた時間をどう使ってますか?


部活がないと暇ですね、笑
みんなと会えないのも少し寂しいです。



最近では選手の皆さんは色々と、今できることを頑張っているみたいです。


岡山駅に行く途中、誰かいるかなぁと運動公園の方を通ってみると、
マディソンとジャッジが二人でトレーニングをしていました。


久々にみんなが頑張っている姿が見れたので、ちょっぴり嬉しかったです。
みんながんばれー!




この期間にマネージャーとして私ができることといえば何だろうと考えてみましたが、
マネージャーのブログを使った、選手の皆さんへの情報提供なのかなあなんて思いました。


もしマネージャーにできることがあればどんどん言ってほしいです。



マネブログは最近更新されていませんでしたが、3月中にマネージャーの一回生が更新してくれるはずです。
楽しみにしておいてくださいね。




そういえばもう冬練が終わって食事チェックノートは終わりましたが、私の担当だったサファリがまだ続けると言ってくれました。

これも私がマネージャーとしてできることなので、とてもやりがいを感じます。



やると言ってくれたからには、きっときちんとした食生活を送っているんでしょう。
マネの後輩に私はサファリに甘いと言われているので、これから厳しくしようと思います。笑




なんともまとまりのないブログになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


それではモノレールに乗って家に帰ります!




マネージャー 浦添



春。




もう春と言っても誰も疑わないくらいには暖かくなりました。

いつもなら平気でも、疲れやストレスから気候の変化に体がついていかず、気怠かったり、風邪をひいたり等など…翻弄されることもままあり。

尊敬する先輩方が卒業され、寂しいと同時に、まだ見ぬ後輩たちとの出会いが楽しみでもあります。

「さようなら」の後には「初めまして」が来ると相場が決まっています。たくさんの人とさよならした今、私は初めましてを心待ちにしています。





───新入生、どれくらい入部してくれるかな。

新勧PVが完成してからというもの、たまにPVをみては、去年の今頃を思い出しています。あの時は部活に入ろうなんて思ってもなかった。ましてやボート部なんて…。
でも、新勧の時期になれば見て回ったのはほとんど部活だった。今まで部活してきたぶんやっぱり部活に惹かれたのかな。
大学生になって、新しいことを始めたかった。私には一種の変身願望のようなものがある。高校時代に演劇やってたのもその延長線だった。
大学には私のことを知ってる人はほぼ居ない。ほぼゼロからのスタートに胸が高鳴っていた。不安よりも喜びや期待が勝っていた。
そんな中出会ったうちの1つがボート部の先輩だったのだ。
ボート。やったことのない、よく知らない、スポーツ。




───────今までとは違う自分になれるかもしれない。



───────知らない私を知れるかもしれない。



───────何か変わるかもしれない。




こういう思いが燻っていた時に見た、新勧PVは私の中にあった想いを爆発させたように思う。
(それでも、入部する際に出てくる問題や不都合のせいで、なかなか入部を決められなかったけど)


今年はどんな子が新勧PVをみて、心が揺さぶられるのか。ちょっと楽しみ。

入部した理由なんて挙げたらもっとあるのだけれど、PVはその一因だったことを今年のPV見ながら思い出したのでブログにしてみました。
ここまで読んでくださってありがとうございます^^


ざき



Eat more.



バイトまでの暇つぶしに携帯を触っていて、そーいえばブログみてないなーと思ってみていたら今日が私の当番でした。危なかったー。

 

このブログを書くために久しぶりにパソコンの電源を入れました。打てない。なまってしまった。やばい、勉強しなきゃ。英語がしゃべれなくなる。

 

ここまでネガティブなので方向転換、そう!運転のように!

私の最近のBig Newsは免許を取ったことです!わーい、大人だーっ!

免許を取る前は、運転ってどうなんだろーとか、いろいろ考えていましたが、取って運転してみると想像と全く違いました。運転って、めっちゃ楽しくない?

こんなことが言えるのは、教習所を卒業してからすぐに免許を取って運転したからですかね?間をあけると怖いのかも、?

 

人間はめんどくさがりです。少し気を抜くと、楽な方楽な方へと向かいます。そう、長期休みでの英語の勉強みたいに。国際系の学部だといっても、普段の生活で英語を意欲的に使っていかなければ、しゃべり方を忘れて、前までできていたことさえもできなくなってきます。バイトだって、私みたいに働く回数を減らすと仕事を忘れます。マネージャーの仕事だって一緒です。

 

すべてのことはつながっています。さぼるのはとっても簡単なことです。そこで少しでも努力・勇気・力をだして取り組めばいい人生送れるんじゃないですか?

だけど一回くらいはさぼってみてもいいんじゃないですか?そこから、自分がしたことでどう周りに迷惑をかけたのか、自分の中でなにがうまくいったのか、そういう人生で満足するのか、考えてみてください。実感してみてください。

毎回正義みたいなものが正しいような簡単な世界ではありません。いろいろ経験していきましょう、そう、ボート部にはいって!

 

そしてこれもまた、わたしの生き方紹介になりました笑

This is the way of mine. Everyone has own way of living. No one can disturb it. Life is short. To make the most of it, what can we do? Think about it seriously. ONE LIFE LIVE IT

 

現1.2回生の暇人でドライブして動物園にいったり、丘にいきました。そーいうことができる楽しい部活ですよ。勇気を出して投票していってよかった。今回は勇気を出すという選択で後悔しなかった。次はどんな選択肢があるかなー

    Written by Pola

 

 

※長い上に信じられないくらい内容がありません。ただの近況報告です。許してくれる人だけよんでね。

追いコンに続いて、卒業式までも運悪く引越しの予定を入れており欠席してしまいました。そろそろ集合写真にいなさすぎて、退部者と思われていないか心配です。
つくづく、本当にわたしはダブルブッキングの天才ですね。準備してくださっていたのにごめんなさい、行きたかったなあ。

たくちゃんが色紙や花束をBOXに置いていてくれたので、学科の友人とセルフ卒業式をしました。働きたくないぜ…働きたくないぜ…
太陽光のおかげでなんかかわいく撮れたので載せます。
色紙、真っ白だったらどうしようとびびっていたから、みんなたくさん書いてくださっていたのが本当に本当に嬉しかったです。ゆうたろうくんをはじめ、わたしのくだらない脅しを覚えてくれてびっしり書いてくれたみなさんありがとうね。全部にお返事を書きたいくらいです。
付き合いの長さはもちろんありますが、学年によって書いてくれる内容がまったく違っていたのが見ていて面白かったです。特に一、二回生の子たちは、わたしのことを口を揃えて「明るくてよくお話してくれて…」と書いてくれていて、私ってばそう見えていたのか〜となんだか感慨深いものがありました。(お世辞だろっていわないでね)
なんてったって現役の頃は、常に顔面はどす黒く目は落ち窪み、マネ机につっぷしながらひっくい声でぼそぼそと喋るだけだったので……同期には闇深いだの怖いだの言われてるんですよ。今の同期を見ているときも感じることですが、わたし自身、良い意味で毒が抜けて余裕ができ、大人になれたようです。
元来手紙を書くのもいただくのも大好きなので、とにかくとにかく、色紙は宝物になりました。本当にありがとうございました。

先ほど言ったように、卒コンの日に引っ越しを終え、もう岡山を離れています。
最後の一週間は、4年間で通いつめたラーメン屋さんカレー屋さん、コンビニ店員のおばちゃんや池田動物園のキリン、近所のデュエル仲間のキッズたちなどなどにお別れの挨拶をしにいったのですが、みなさんとても良くしてくれていたので本当にもう会えないのかとさみしくなりました。
大学生活はあっという間というか、主に部活をしていた期間の記憶がごっそり抜け落ちていることもあり、なんだか突然終わりました。体感一年です。
しんどいこともたくさんあったんだろうけれども、正直もうほとんど思い出せません。振り返っても頭に浮かぶのは、遠征前日にいつもみんなでフードファイトしてたこととか、台所でゲラゲラしゃべってる時間とか、買い出しの帰りにこっそり抜け出してコメダ珈琲に行ったこととか、そんなくだらない楽しいことばっかりです。記憶は美化してなんぼや!

この前は同期で卒業旅行に行きました。えのきくんが来られなかったことだけが残念だったけど、すごく楽しかったです。
現役だった3年半、引退してからの1年半、わたしも含め、みんな変わったなあと思います。例えば、山岸くんがこんなに優しい人だとは知らなかったし、まつとんがこんなに面白いなんて思っていませんでした。
ちなみにわたしとつっつーは大親友なんです!

みんな学部も育ちも性格もばらばらで、ボート部に入っていなかったら、わたしは絶対に交わり合わなかったような人たちです。
けれども不思議なもので、学科やバイトの友達もたくさんいるけれど、将来何かの節目や分岐点に立ったとき、私が最初に相談するのはきっと、ちゃりとけーちゃんだと思います。
わたしはダントツで付き合い悪いし普段恥ずかしくて言えないしなんなら怖がられているけど、ずっと仲良くできたらなあと思っています。集まりは、直前になると行くのめんどくさくなっちゃうので、アツシ、これからも強引に誘ってください。

さて、みなさんお気づきかもしれませんが、そうです、先月ラストブログだと思って結構いいことをたくさん書いちゃったので今回書くことがないからオープニングトークを引き伸ばしてしまいました。
なにを書こうか非常に迷ったんですが、なんだかみなさんとても大変(意訳)とうかがったので、ふふと笑えるような癒し系ブログを書こうと思います。
そこで、私の現役時代の限界エピソードをこの場を借りて成仏させちゃおう!のコーナーです!

?ボート部に入ったことを両親に隠していた!
実は新歓の時点で両親に相談したところ大反対だったのでとりあえず隠してノリで入部しました。二回生の夏あたり日焼けしすぎて、「いやお前黒すぎん?そういえば全然帰省せんし何やってんの…?」と聞かれ誤魔化しきれずバレました。もはやここまで来ると怒られませんでした。

?ビデオ撮るときに石すれすれに座ってたら川に落ちてた!
一時期、二千メートルまるまるビデオに収めることに命をかけている時期があって、ナチュラルに何度か川に足を突っ込んでいます。当時、選手の皆さんが本当に熱心にビデオを見て研究してくれていたので、すごく撮り甲斐があって嬉しかったのと同時に、一瞬でも撮り逃したらころされる…とビデオ当番の時はヒヤヒヤしていました。
一人でビデオを撮るのがさみしすぎて熱唱しながら撮影していたところ、台所で自分の歌声が響き渡ったり、寒すぎて艇がいない時間に踊ったりラジオ体操をしていたら伴チャの方に目撃されたり、ビデオと黒歴史は切っても切り離せない密接な関係がありますね!
ちなみに大雨のなかビデオを撮っていたところ気づいたら水位が上がっていて、自分in the river足元には魚の群れ!なんてこともありました。懐かしいね!

?靭帯損傷したのにチャリで部活に行ってた!
確か、2年間毎日1限限界教育学部仲間のガッちゃんと一緒にがんばる!とか言って、意地で部活全日参加していた時期があるんですが、その頃大学の跳び箱の講義で靭帯を伸ばしちゃって松葉杖生活だったんですね。
足痛すぎて朝チャリ泣きながら参加してたのは覚えているんですけど、みなさんはしんどい時は休んだほうがいいと思います。
当然のように完治は遅れました!

?胃炎で断食中だったのに台所に自分しかおらず、麻婆豆腐の味付けした
ギリギリでいつも生きていたいタイプの人間だったので胃が溶けること多かりけりだったんですけど、今考えれば普通に味付けを優しい味に変えれば良かったですね。あの時食べた、マジ人生の苦しさ濃縮したみたいな味の麻婆豆腐は今でも鮮明に思い出せます。
まあこれも当然のように完治は遅れました!
ちなみに、青魚アレルギーなのにサバ料理作ったりもしてました。ばかだなあ!

と、ここには書けないようなヘビーなことがごろごろ思い出されてきたのでこの辺でやめにします。
チャリがなくて徒歩艇庫チャレンジしたり、タクシーに飛び乗ったり、遠征三徹したり、ばかなことばっかしていました。今思えば本当にばかだし恥ずかしい日々です。正しい方向に労力を使いたかったです。でも宝物です。


みなさんにはそれぞれの大学生活があって、やりたいことがあって、きっと大変に思うことの種類もベクトルも大きさも違うんでしょう。その優先順位が、ボートを上回ることもあると思います。もちろんわたしもそう、それを一概に否定する資格はありません。
でも、頑張っている人の邪魔をするようなこと、努力を踏みにじるようなことだけはしないでください。
責任、迷惑、義務といったものは、自分の気持ちと周りの状況の間で板挟みになって、うまく天秤にかけるのがむつかしいですね。

バイトや勉強によるストレス、疲れ、スランプそして寝不足などといった不安定な土台の上に成り立つ人間関係は恐ろしくもろいものです。
みんなで支え合って、過剰なくらい気を遣って認め合って、良い意味で互いの命綱を握り合うくらいのほうがボート部ではちょうどいいのかもしれませんね。(共倒れには気をつけてね)
わたしが三回生の春、最後に嫌になっちゃったとき踏みとどまれたのは、やめてわたしが得られるものと部員のこれからと信頼を天秤にかけたとき、後者のウエイトが大きかったこと、そして末端かもしれないけれどきっとこんなわたしでも誰かの命綱を握っているのだと気づいたからです。

でも、わたしがなんとかここまでたどり着いたのは、自分の力でもわたしが超人だったわけでもモチベーションが高かったわけでもなくて、つらくてしんどいとき、わけもなく嫌になっちゃったとき、優先順位が下がっちゃったとき、その時々でわたしを押し上げて助けてくれるひとがいたからです。なんだか奇跡みたいなものです。
あの人が先輩じゃなかったら、あの時あのクルーじゃなかったら、あのひとが同期にいなかったら、あの時ご飯に誘ってもらえてなかったら…それも含めて運命論というやつでしょうか。
わたしも誰かにとって、少しでもそんな存在になれていたならいいのにと思うばかりです。

私はもともと大学で部活をする気なんてさらさらなくて、ご飯だけ奢ってもらおうと軽率に着いていったらまんまとそこで口説き落とされた人間です。
周りで楽しそうな人たちを見て、私はなにをやっているんだろう?と純粋に疑問に思ったりすることなんて日常茶飯事でした。あの日あの時あの場所で声をかけられなかったらきっと私は友達と一緒にウェイテニサーに入っていたことでしょう。

でも卒業した今、ボート部に入っていなかった自分は想像できません。
ボート部に入部して、たくさんの分岐点で立ち止まりながら、迷いながら、時には周囲に退部を勧められながらも、そのすべての選択肢の中でボートを選択し続けることができて、部活を切り捨てない自分でいられて良かったです。

努力が必ず報われるなんて、そんな無責任なことは言えません。でも、ちゃんと頑張ってたら、絶対にまわりの人が幸せにしてくれるんだよ!
いま頑張っているみなさんに、たくさんたくさん良いことがありますように。
本当にありがとうございました。
みんな元気でね!

     岡山大学漕艇部 白木美奈実


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM